« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

200609*単衣着物(夏大島)

久しぶりの着物のお仕立です。 (5ヶ月ぶりです)

前回のお仕事は、こちら↓

http://www.geocities.jp/sakapii_oharibako/w5/2005-28.html

今回は夏大島、初めて縫う生地です。

T2006093_1

大島と言うから、張りのある生地かな?と思ったのですが、 腰がなくてガーゼのようにふにゃふにゃしている。 扱いにくい生地でした。

ちあきさんの縫われた夏大島とは、また違った生地の感触でしょうか?

http://blog.livedoor.jp/sinmyou/archives/50576357.html

Tdsc_0002_1

先ず、柄合せが斬新!

こちらが、上前の柄合せ→

単なる追っかけではありません。

右身頃は、黒の無地です。

Tdsc_0004

下前の柄合せは→

オクミの裾に少し柄があります。

着てしまえば見えないところなのですけれどね。

T2006091ようやく、仕上がりました。

シャキッ!とした感触ではなくて、どちらかというと、とろ~ん としています。

T2006092 ←後身頃です。

柄の部分は、織り柄ではなくて、染めの柄です。

なのに、どーして大島なの?

勉強不足のさかピーです;;;

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年5月20日 (土)

200608*着物から道中着へ

以前、継ぎ合わせのコートにしようと思っていた あの擦り切れた着物からのリフォーム↓

http://sakapii.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_561e.html

Tdscn0786

ようやく

縫える日が来ました。

お客様、

お待ちどうさま。

擦り切れた部分を継ぎ合わせて、ちょっと遊ばせてもらってオリジナルなコートを作ろうと思っていたのだけれど、お客様に『普通の道中着にして下さい。』って言われちゃった;;;

T2006083

お気に入りの着物から、生まれ変わって素敵な道中着になりました。しなやかな生地で皺になりにくい重宝する1枚です。

T2006081T2006082_1

今回は、お客様に着ていただいて写真を撮りました。
はやり、ボディちゃんに着せるのと違いますね♪

T200685T200686_1

今回の苦心点、擦り切れた部分をどうするか?

  • 上前のひざの上あたりが擦り切れている。
  • →着物のオクミと衿の部分は、道中着の衿になります。
  • 表衿は天継ぎ、裏衿は2ヶ所継いでいます。
  • Dscn1025身八つ部分は、力がかかって生地が弱っていました。接着芯で補強しました。

飾り紐は やはり花紐、けど小紋柄が邪魔して花紐が目立たない;;;

T2006084

肩裏地をプラスして、花びらを二重にしました。これで 花紐の存在感あり!

*  *  *  *  *

このところ、更年期第二弾のせいか?集中力が極端に低下しています。

お仕事するのがやっと;;; ブログ更新する余裕がありません。

とか言いながら、
お手軽ケータイブログは更新してんの!

Dscn1070

200604041519000200605112011000 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

200607*絵羽織から道行コートへ

続いて、リフォームのお仕事です。

こちらも、前回見積りをしたお客様です。

http://sakapii.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_b4ac.html

★リフォーム前★

【絵羽織】寸法
・着丈(肩山から)2.1.5
・返り丈+縫代   1.1.0
・布幅           9.7
・衿先縫代       3.9

Tdscn0775_3 Tdscn0776_3

T2006071 T2006072

★リフォーム後★

【道行コート】道中着の予定でしたが、道行コートに変更になりました。
・着丈(肩山から)2.7.0
・返り丈      (後)5.0
           (前)5.5
・前下り         0.6

おぅ~!
我ながら、出来上がりに満足~☆

T2006073

* * * * * * * * * *

T2006076返り丈は、

少ししか取れませんでした。

(後)5.0

(前)5.5

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

T2006075 T2006074

★次は、

例の↓擦り切れた着物からのリフォームです。

Tdscn0786_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »